スポンサードリンク

サイドメニュー

オススメ趣味一覧

特集コーナー

趣味を作るために趣味を紹介するバーナー 家で暇つぶしを紹介するバーナー 社会人にオススメする趣味を紹介するバーナー

暇つぶし記事一覧

スポンサードリンク

趣味として登山を始めてみませんか?

始めは身近な山で体をならし、それから有名な山に挑戦してみてはどうでしょう。

山登りは大変だからこそ得られる感動も大きいです。
また日常ではささいなことでも山の中ではまた違った感情を抱くことも。

最近は女性にも人気ですので、女性の方も安心して始められます。

登山の魅力

1.普段かかわらない大自然を味わえる

日頃の生活では自然とかかわることなんてそうないはずです。
たいていがデスクか道路ではありませんか?

そこで人が少なく、辺りは草木ばかりの非日常を味わうことで気分もリフレッシュすることが可能です。

道中に発見した花や小動物を見て楽しむのもいいですし、遠くまで見渡せれる景色に優越感を覚えてもいいです。楽しみ方はいたるところにあります。

2.達成感を味わうことができる

登山をする場合の理由はまず頂上に行くためなのが多い理由になると思います。

登っている最中は当然疲れますし、雨に出くわせば最悪です。そんな辛い思いをしながらも頑張り続ければ必ず報われるのが登山です。頂上は一切逃げることはありません(通行止めなどは勘弁を)なので頂上に着いたら頑張った自分を褒めて、眺めのいい景色を見ながら達成感を味わいましょう。

3.写真との相性がいい

山を登っていると日常では出会えない被写体がいくつもあります。そのためカメラを趣味にしている人には嬉しい親和性だといえます。

今でいえばインスタグラムに投稿すれば、あなたがいいと思った景色をみなさんと共有することも可能です。

4.健康的になれる

登山する場合には長時間も体を動かすことになるので、運動と同様の効果を得ることができます。特に登山は有酸素運動になるので疲れにくい体になるのはもちろん、ダイエット効果も大いに期待できます。

自然を堪能しながら体にいいことは登山のもっともいいメリットなのではないでしょうか。

5.同じ山であっても同じでない

同じ山を登るにしても季節、天候、時間帯によって山の雰囲気に変化がでてきます。そのため何度行っても飽きにくいのが特徴。

行くたびに何か新しい発見を見つけることができるかもしれません。

6.おしゃれも楽しめる

山ガールという言葉がはやったように今では登山でもおしゃれをしながら登ることが可能です。次の山は何を着ていこうかと考えるだけでも楽しみがあるかもしれません。

デメリットは…

何といっても自然が相手であるため、自分の詳しくない場所では山の知識を持っていないと危険であることでしょう。
始めたばかりの方で標高の高いような場所に行く場合は登山の経験者と一緒に行くようにしましょう。それだけで登山仲間が増えて、今後のあなたの人生が明るくなると思います。

スポンサードリンク

実際に登山をしている人に聞いてみた。

たとえばAさんだと

私は、学生時代帰宅部で運動は大嫌いなタイプでした。

社会人になって、ダイエットのため、ジム通いをするもののなかなか継続できませんでした。また、社会人になると、信頼できる友達を作るのが難しいと感じていた時、スポーツショップで、地元山岳会の案内を見つけました。

山ガールが流行っていたものの、自分と同年代の人がいるのか不安でしたが、何もしないよりは行動したい性格なので体験しに行き、そこから登山がすっかり趣味となってしましました。

まずは職場以外の様々な職業の方と、色々なお話をしながら登ることはとても刺激になりますし、登頂した時の感動を共有でき、とても仲良くなれることが魅力でした。

私は山岳会に入会していたので、登山の知識が豊富な方から勉強させていただいたりできたので、初心者でもすぐに楽しむことができました。

山の天気は変わりやすく、危険も多いため、勉強はある程度必要だと感じました。

私は、山ガールのおしゃれも楽しみの一つで、次の登山に何を着ていくのか考えるのもとても楽しかったです。今の山着は、本当におしゃれで、機能的なものが多いです。

また、山頂で食べる食事は、カップラーメンでさえ、特別なものになり最高に美味しいと感じました。テント泊が必要な山になると、山頂でお酒とつまみを囲み宴会などもできますし、夜中に見る満点の星は幻想的で、異世界にいるような気持ちになります。これは、テント泊しないと経験できない貴重な体験だと思います。

あとは、登りたい山周辺の観光も魅力で、下山後の温泉は最高ですし、ソフトクリームや名産のおぞばなど巡るのも、楽しい思い出になります。それらを調べる時間もとっても楽しいです。

最初に私は運動が苦手だと言いましたが、気付いたら、すっかりはまってしまい、毎週どこかの山に行くようになっており、体力をつけるために苦手なジムも通うことができ、体型も引き締まりました。ダイエット効果は抜群だと思います。

登頂の達成感を味わうのが、とても嬉しいので、もっと高い山や難易度の高い所を目指すために、普段の生活にもトレーニングを入れてしまいます。他の運動では、考えられない状態です。

私にとっては登山との出逢いは、人生をとても充実させるものでした。友達も沢山できたし、仕事のストレスも山にいけば、マイナスイオンたっぷりで、吹っ飛んでしまいます。ダイエットもできてしまったし、おしゃれも楽しめ、旅行も充実できています。


最近から山ガールが流行っているようにAさんも山ガールのようです。この趣味は女性にはしんどそうなイメージがしますが、おしゃれをしながら楽しめ、下山後は観光できるとなれば登山は女性にオススメかもしれませんね。


続いてBさんだと

わたしが思う登山の魅力は、低い山こそにあると思っています。

最初はみなさんも低い山、家の近くにある登りやすい山から登られる方が多いと思います。どんな方でも、最初からいきなりエベレストやチョモランマに登ろうと言う人はいないと思います。

私は、家の近くにある山によく登ります。わたしが住む町では一番高い山です。とは言っても、標高は400〜500m程度です。

慣れたら高い山に登ろうとどんどん挑戦する人が多いと思います。しかし、わたしはそうではありません。400mの山だと、2〜3時間あれば登山、下山が可能です。また、家の近くにあるので言ってみれば、いつでも行ける山です。

もちろん、1,000mくらいの高い山の方が、いろんな道があり、いろんな景色が見えたりなど、いいことが多く、最近話題になるインスタ映えするスポットなどもあるかもしれません。

実際、わたしの高校の後輩は山登りが趣味で、一眼レフのカメラを持っていき、いいスポットで写真を撮影し、Instagramに載せるということがよくあります。価値観の違いですが、わたしは高い山に挑戦するよりも、地元の山を、いろんな角度から登ってみたいと思っています。地元の山マスターになりたいと思っています。

「A地点から登る、次はB地点から登る、その次はC地点からスタートする」といったことだったり、「今日は〇〇くんと登る、つぎは△△さんと登る」と言った形で、同じ山でもどこから登るか、誰と登るかによって、環境や状況が変わると思います。

また、季節によっても環境は変わるので、1年365日登るとすれば、365通りの登り方があります。うるう年の年がありますが、その年は366通りになります。一つの山の山登りといっても、必ず前とは変わったことが見つけれると思っています。毎日新しい発見ができるという体験はとても楽しいので、是非オススメしたいです。

そして、地元の山ということで、ご年配の方とよく山道ですれ違うことが多いです。舗装されているので、誰でも登りやすい山だからだと思いますが、本当に多くの方とすれ違います。「おはようございます。こんにちは」などとお互いに一言だけでも声を掛け合うとお互いにいい気分になりますし、山登りが楽しくなります。また、自然に触れ合えるのでストレスも解消されます。

山登りは本当に誰でもできるので、是非たくさんの方にオススメをしたい趣味だと思います。

自然がたくさんあるので、その魅力を感じてもらいたいです。


地元の山マスターはいいですね。どれだけすごい山に行ったということよりも、いかにその山について楽しめたかが重要かもしれません。


スポンサードリンク