スポンサードリンク

サイドメニュー

オススメ趣味一覧

特集コーナー

趣味を作るために趣味を紹介するバーナー 家で暇つぶしを紹介するバーナー 社会人にオススメする趣味を紹介するバーナー

暇つぶし記事一覧

スポンサードリンク

趣味として海外ドラマを見始めませんか?

日本のドラマも見飽きた。そんな方がいたらぜひ海外ドラマを見てみましょう。
海外ドラマには日本とは全く違う展開で話が進んだり、時には派手なシーンが現れたりと、あなたの興味を引いてくれること間違いなしです。

長いシリーズものが気に入れば、しばらく暇とはおさらばです。
逆に一日の時間が足りないと思ってしまいます。

海外ドラマの魅力

1.日本とは違う多民族だから起こるでき事の展開がある

多民族国家のドラマならば出てくる民族が多様なため、他の民族との価値観の違いで衝突したりなど、日本ドラマにはないような展開がある。

2.出演者がかっこいいし、可愛い

出演者は外国人ばかりです。日本人より外国人の方が好みの方にはたまらなくいいでしょう。

3.派手さがあり、見栄えがある

日本では人間模様の話で勝負する作品が大半を占めますが、海外ドラマにはアクションが派手なものも存在します。

4.シーズンの長いドラマが多数あるため、長い間楽しめる

日本と違って海外のドラマは続編として続き続けるものが多くあります。
そのため1つ気に入ったものを見つけると、暇とはながらくおさらばです。

デメリットは…

昔から続いている長いシーズンものにハマってしまうと、先が気になってしまい寝不足になる可能性が高いです。
無理のない程度で見るように自分を制御しましょう。

スポンサードリンク

実際に海外ドラマを見ている人に聞いてみた。

たとえばAさんだと (男性 50代以上)

ひとつには、多様な人間模様が挙げられます。これは、例えば日本では、ほぼ民族としての日本人しかいないため、たの民族との宗教、風俗、習慣などの価値観の違いが描かれることはまずなく、あっても、都会の考え方と否かの考え方の相違などでしかないかと思いますが、特にアメリカものでは、この部分の組み合わせが多種多様で、まさに多民族国家ならではの物語が展開されていきます。
そうした点での細かい際の部分がある種の判断における衝突点になっていたり、公的には平等を推進してはいるものの、本心としての差別感情などが浮き彫りになり、ドラマの内容に深みを与えていると思います。

古くからの白人VS黒人の対立に始まり、スパニッシュや東洋系との軋轢、9.11以降はアラブ系との違いがクローズアップされることが増えていると感じます。

食事のシーンでの白人の伝統的な家庭像に比べ、食べているのもそのものが異質の文化として捉えられるアメリカでは、その差異を抜きにしてリアルなドラマが成り立たないほど、白人以外のマイノリティのふんかも描く必要性にさらられていて、結果これは作品へのリアリティを与えていると思います。
又、人気の作品であれば世界各国に配信されるので、そうした「輸出」を前提としてストーリー性や派手さに予算を割いた作品が多数あり、人間模様だけでストーリーをすすめざるを得ない日本やアジアのドラマとは一線を画したスタイリッシュな作品が多いことも魅力です。
例としましては、数年前に大ブレイクした作品、「ブレイキング・バッド」。主人公はもともとは保守的な白人男性ですが、犯罪に手を染めてゆく過程で回りを取り巻いていくのは、貧しい白人や、貧しい黒人、不法入国の南米系のヒスパニック系など、麻薬に絡む様々な人種・民族の底辺から金持ちまでが描かれます。その中で現在のアメリカの地方の現実をリアルに描くこと、末期がんをめぐる医療体制・制度など複雑な社会事情も織り交ぜたストーリーが、複雑な人間模様を浮かび上がらせた秀作でした。

又、アメリカが世界に最も影響力を持つ国であるが故のアクション作品のリアリティも見逃せません。
少し前の「24」などが代表例で、やはり舞台がアメリカでなければ、成立しないドラマでした。このドラマはリアルタイム進行を打ち出したエポックメイキングな作品でしたが、流行した拝見には、現実のイスラム社会アとアメリカの対立があったことがい大きな理由と思います良くも悪くも、そうした世界での立場が、作品へのリアリティを生んでいると思います。


日本のドラマと海外ドラマの違いをわかりやすく説明していただき、とても参考になりました。
確かに日本のドラマは人間模様の話に特化している気がします。


続いてBさんだと (女性 30.40代)

海外ドラマを好きになったのは、「ビバリーヒルズ高校白書」というドラマを観てからでした。

アメリカの高校生が、車を運転して学校に通ったり大人さながらの恋愛をしていたりして驚きました。
又、サラサラの金髪のケリーが、とてもきれいでかわいらしくてファンでしたね。

海外ドラマの良い所は、その国の学生たちや大人の社会生活の分かる所にあると思います。
このドラマを観てなかったらアメリカで学生が、車を運転している事など分かりませんでした。そして、学生が、個人でロッカーを使用しているのもすごいと思っていました。
日本のドラマも好きなのですが、海外のドラマでこういう生活スタイルや考え方を理解するのも楽しいです。

そして、海外ドラマの面白い所としてコンプレックスのある登場人物も主役になれるという所です。
「アグリーベティ」の主人公は、コンプレックスのある女の子なんだけどたくましく生活しています。仕事仲間にいじめられることもあるけれど全然どうじないで受け流すところが、素敵ですね。
これは、「glee」のドラマでもそうだと思うんだけれどいじめられたりしてもたくましく個性で勝負する感じが、良いと思います。

又。海外ドラマの魅力としては、音楽ですね。
「アグリーベティ」のテーマ曲は、かなり良くて日本でもよく流れているのでドラマを観てなくても曲を聴けばわかると思います。
「glee」の曲もアメリカの名曲を歌っていて面白いですよ。

海外ドラマのデメリットとしては、刑事もののドラマなどで情の場面の描写が、あまりない所ですね。
日本の感じだとなぜ事件をおこしたのかなどを丁寧に描いているのでそのあたりが、海外ドラマだとあっさりしていますね。
海外ドラマで特に好きなのは、「アリーマイラブ」なんですが、これは、大人の弁護士たちが、子供のように騒いだり恋愛したりしてとても楽しい作品です。弁護士達のキャラクターもよくこだわっていて名言もあります。
トイレが、共同トイレという設定もアメリカならではなのでしょうね。
このドラマでは、アリーが、妄想するとCGなどで面白い展開になるのですが、そこも面白い演出だと思います。


外国の方って鼻がスッとして綺麗だったり、美しくて可愛い人が多くいますね。
私的には日本人はみんな黒髪だから、金髪がとても魅力的に見えます(誰得の内容だ)


スポンサードリンク