スポンサードリンク

サイドメニュー

オススメ趣味一覧

特集コーナー

趣味を作るために趣味を紹介するバーナー 家で暇つぶしを紹介するバーナー 社会人にオススメする趣味を紹介するバーナー

暇つぶし記事一覧

スポンサードリンク

趣味としてガーデニングを始めてみませんか?

植物を育てるには毎日水やりをしなければならない。大変、と思うかもしれませんが、その苦労のぶんだけ得られるものがあります。

お花を育てれば空間が晴れやかになりますし、野菜なら家計の足しにもなります。

やることがないという人は是非5分でもいいので時間を作ってやってみてください。

ガーデニングの魅力

1.癒し効果がある

お花や植物が目に入ることで、気持ちがおちきます。また、愛情込めて育てることで愛着がわき、温かい気持ちにもなれます。

2.植物の成長過程が楽しめる

種や苗の状態から日に日に育っていく姿を日々楽しめる。

そして愛情を込めた分だけ嬉しい気持ちも大きくなります。

3.枯れてしまった場合は子どもたちに毎日ちゃんとやる重要性をわからせられる

植物を枯らしてしまうのは悲しいことですが、そのことにより子どもたちに何か伝わる部分があるかもしれません。

4.野菜を育てれば家計の助けになる

お店で買えばそれなりのお金がかかってしまいますが、自分で育てれば安くたくさん収穫することも可能です。

それだけではなく、自分で育てたためいつもより野菜が美味しく感じることでしょう。

デメリットは…

相手は生き物ですからやはり手間がかかってしまうことです。ただ、それは最後にプラス方面へ働くのでそれほど悪いものではありません。

虫についてですが、残念ながら慣れるしかありません。

スポンサードリンク

実際にガーデニングをしている人に聞いてみた。

たとえばAさんだと

もともとガーデニングには興味がなかったのですが、初めて一人暮らしを始めたときに寂しかったため植物でもあれば部屋が明るくなるかなと思い、100円ショップでクロトン、花屋でカランコエを買いました。知識がなかったため適当に買ったのですが、初心者の私でも育てやすかったです。

ガーデニングをしていて嬉しく感じるのはやはり植物が成長していることに気付いたときです。クロトンは買ったときより10cmほども高く伸び、葉もたくさん茂ってきました。カランコエも、買ったときは冬で、かつ小さな株だったので知らなかったのですが、春から茎も伸び始め葉も増えてきて、夏になると一番成長するシーズンということでとても大きくなりました。ただ水をあげて、日当たりのいいところに置いて2週間に一回液体肥料をちょっと土にかけているだけなのですがすくすく育ってくれるのでとても楽で大変なことは特になくストレスもありません。毎日観察して昨日より成長しているところを見つけるのが楽しかったです。

日常生活で役に立つことは、一番は気持ちが明るくなることです。辛いことがあってもふと植物が目に入るとほっとしますし、一人暮らしでも寂しくありません。愛着もわきますし大切な存在になります。

また、日光に当てなければならないので朝窓側に鉢を置くために休みの日でも寝坊しなくなり生活リズムが崩れにくくなりました。

ベテランの方でないと育てるのが難しい植物もあるのかもしれないですが、基本的にはガーデニングは初心者の方でも気軽に始められると思います。

その植物について、水をやる頻度や適した気温などの注意点さえ把握していれば難しいことはないと思います。本格的にしたいのならホームセンターで何種類も土を買ってきてブレンドすれば良いですが、100円ショップの土と肥料でも十分育てられますし私もそうしています。初期費用を抑えようと思えばかなり安く抑えることが出来ます。

デメリットをあげるとすれば、虫が付くタイプの植物の場合は虫をこまめに取り除かなくてはならないのがデメリットですが、専用の薬剤もありますし、どうしても虫が嫌なのであれば虫が付かない植物を選べば問題ありません。

また、水やりの問題で旅行がしにくいということもありますが、最近は自動水やり器も売っていますので、それで100%枯れないということではないとは思いますが絶対に旅行出来ないということではありません。

総合的に考えてもガーデニングは特に大変なこともなく生活も豊かになるのでおすすめできる趣味であると言えます。


植物でも愛着がわくと一人ではないと寂しさを和らげる効果があるようです。ホームシックになりそうな人はガーデニングをやってみると効果があるかもしれませんね。


続いてBさんだと

私はガーデニングは凄く素敵な趣味だと思ってやってます。

特に野菜を育てて居るんですが、まず多少なりとも家計の助けになります。プチトマトとか意外と買えば高いものもガーデニングで育てたら沢山取れるのでオススメです。

自分で育ててる事で愛着も湧くし、薬物等も使ってないとわかって安心して食べる事も出来るのでその点も魅力のひとつです。あと、生活の中で野菜がどのようにして実るのかや毎日水をやったりお世話しないとダメになってしまうのを子どもに体感して知ってもらえるのもいいなと思ってやってます。自分で作ったものを美味しいと思ったり、言ってもらえる喜びも経験出来るのでそこも良いなと思います。

デメリットをあげるとするなら、とうもろこしとかは少し育てるのが難しいという事です。

開けてみないとどのくらい実ったかもわからないので収穫してあまり実がついてないと少し残念な気持ちになります。これも子どもにとっては経験ですが。

もう一つは、どうしても虫や鳥が来てしまうことです。

実がなってもダメになってしまうのも残念ですが何より私は虫や鳥が苦手なので、あまり来て欲しくないなと思いながらネットなど工夫しながら頑張ってます。

後は家の間取りによっては日が差し込みにくいとどうしても育ちにくいのでそのへんは向き不向きも出てくると思います。

野菜や果物以外にもローズマリーやハーブなど、買ってもいっぺんに沢山使わないけどたまに使う葉物系は育てるのも難しくないし自家栽培をおすすめします。

初めにあげたミニトマトは、小学校の授業で作るくらい簡単に始められる野菜の一つなので、ガーデニングを始めてみたい人にはミニトマトをオススメしたいです。

上手に育てられたらさくらんぼなども自分で作る事が可能ですよ。もちろん食べられます。

そして、ガーデニングしてるご近所さん同士で実ったものをお裾分けし合ったりと、思わぬご近所付き合いが生まれるのも魅力のひとつです。

私は家計の足しになるので食べ物ばかり育ててますが、お花が好きな方はお花のガーデニングももちろん楽しいと思います。季節を感じられますし色とりどりの花は育ててるご自身はもちろん、家の前を通った方も笑顔にしてくれる魅力があります。私も誰が育てたのかはわからないけど大好きな向日葵を見かけた時はとても楽しい気持ちになります。

動物を飼うのとは違い、1日数分水やりをするだけで育ってくれるのに愛着も湧く植物。新しい趣味を探してる方に是非オススメしたいです。


家計の足しとはいえどそこに喜びが生まれるのはガーデニングが素晴らしい趣味だからなのでしょう。

これからもBさんには家計を助けながら楽しんでほしいと思います。


スポンサードリンク