スポンサードリンク

サイドメニュー

オススメ趣味一覧

特集コーナー

趣味を作るために趣味を紹介するバーナー 家で暇つぶしを紹介するバーナー 社会人にオススメする趣味を紹介するバーナー

スポンサードリンク

サンタクロースについての雑学

こんにちは。管理人のメリーです。
今回はクリスマスにはかかせないサンタクロースについてです。謎多き彼ですが、みなさんはちゃんとサンタさんについて理解していますか?

どうして煙突から入って来て靴下にプレゼントを入れていくのか、また目立つような赤色の服を着ているのか、そこのところを私のわかる範囲で調べたので読んでくれると嬉しいです。

ちなみに私のもとへ来てくれたサンタさんはお菓子しか置いて行ってくれませんでした。みなさんのところのサンタさんはどうでしたか?

それでは内容にスタートです。

サンタクロースは実物していた?

みなさんがよく知っているサンタが実物していた訳ではありませんが、モデルとなった人物はそんざいしています。
その人物とは司祭をしていた「聖ニコラウス」と呼ばれている人物である。

サンタはなぜ煙突からやってくるのか?

それは彼が起こしたストーリからきている。
彼はどうやら貧しい家に金貨を投げ入れていたらしい。その投げ入れていた場所が煙突だったため煙突から入ってくるとなっている。
また、ここでミラクルが起き、靴下に入ったことからプレゼントは靴下に入れることとなった。

クリスマスといえばやっぱりケーキですよね

今ではケーキを食べることが当たり前ですが、もとはそんな文化ありません。

実は不二家の企業戦略の狙いにより定番化しました。おかげで美味しいケーキが食べられるようになり、不二家さんに感謝です。

なぜ赤と白い服なのか?

赤色の服を着ている理由はいくつもの憶測があり真実はわかりません。なので私は見ていて暖かいからと適当なことを立候補。私自身寒い日は気分的に赤いものを身につけています。

話をちゃんと戻しますと、昔のサンタクロースには赤色以外に緑や青などの服を着た姿がありました。しかし、ある時期をさかいにほぼ赤い服で統一されることになりました。

その出来事とはコカ・コーラがサンタクロースを宣伝として使ったことです。そのイメージがそのまま世間に定着することとなり、サンタ=赤い服となりました。

昔はおしゃれをしていたサンタさんも、今では赤い服を強いられることとなり少しかわいそうかもしれませんね。

真っ赤なお鼻のトナカイさんは~

ルドルフという名前です。どこかで役に立つかもしれないので覚えておきましょう。

ちなみにトナカイはルドルフ以外にあと8匹います。

実はサンタさんから手紙を貰うことができる⁉

貰い方が知りたい人は自分で調べて暇つぶしだ!

スポンサードリンク