スポンサードリンク

サイドメニュー

オススメ趣味一覧

特集コーナー

趣味を作るために趣味を紹介するバーナー 家で暇つぶしを紹介するバーナー 社会人にオススメする趣味を紹介するバーナー

スポンサードリンク

キリンの睡眠時間が異常に少なかった

こんにちは。管理人のメリーです。
最近寝不足気味が続いているため、寝ないで生きていけれたらかなりの時間を使えるのになと思い、睡眠時間が短い生き物について調べてみました。

するとキリンの睡眠時間が圧倒的に少なかったの知りることに。そこで私なりの情報収集で睡眠が短い理由を調べたので、暇つぶしにでも眺めてください。

私は最低でも10時間は寝ないと寝不足気味に襲われる残念な体。それなのにいつも寝れるのは6~8時間。人間って忙しすぎ、みなさんもっと寝ましょうよ(汗)

それでは内容に移ります。

キリンの睡眠時間は20分。合計して1日2時間以上くらい

まず理由としてあげられるのが、うかうかと寝ていられないからです。
草食動物たちは常に肉食動物に食われないにするため辺りを警戒しておかなければいけません。

私たちみたいに長く寝ていると気が付いたころには、最悪気が付くことなく死んでしまいます。
そのため生き抜くすべとして睡眠を小分けにすることで、襲われるリスクを減らしているようですね。弱肉強食の世界は本当に大変そうです。

ちなみにキリンは基本立ったまま寝ます。
なぜなら起きて速攻100メートル走をできるようにするためです。
あと体が大きいため、座ると圧迫されるそうですよ。自分の体重が重すぎて自分にダメージを与えるなんて辛い。

1日のほとんどを食事に費やさないといけない

ダイエットをするときにカロリーの少ない野菜は重宝しますよね。でも、キリンの場合はどうなんでしょう?

彼らは体が大きいから生きるために多くのカロリーを摂取ないといけません。なのに主食が草というコスパの悪さ。だから大量の草を食べないといけないのです。

寝ている暇はあまりなく、食事にせいを出さないとダメなんですね。こりゃ大変だわ。

キリンは代謝が低い

この代謝の低さがキリンのショートスリーパーを実現さしているようです。

普通は脳細胞を修復するために睡眠を取らないといけないようですが、代謝の低いキリンはその細胞の破壊がゆっくりのようです。
そのため寝なくても問題ないようですね。人間は残念ながらまねできそうにありません。

本当にうらやましい限りです。私はその寝なくていい時間を好きなことにあてたい。

おまけ

ちなみによく眠る動物はコアラのようです。

その時間はなんと20時間以上。
もう1日のほとんどを寝て過ごしているじゃないですか。うらやましすぎる。

トップはナマケモノだと思っていたんですが、コアラはそれ以上だったようです。

スポンサードリンク